製品案内/加工事例 会社案内 アクセス/お問い合わせ リンク

長岡産業活性化協会


骨董・アンティーク

毛利製作所 会社案内

ごあいさつ

有限会社毛利製作所
代表取締役 毛利 豊

JIS Q 9100取得

2014/4/23 

 JIS Q 9100 認証に向けキックオフ

2015/5/29

 航空宇宙産業における特有要求事項を

 追加した、品質マネジメントシステム規格である
 JIS Q 9100を取得しました


品質方針について


加工設備紹介(抜粋)

20120428
精密外研研削盤
GU25
(ツガミ)
20120225
外径・端面・内径研削盤
G300F−500A+I
(ツガミ)
5軸制御マシニングセンタ
DMU 80P
(DMG社)
HSK63
18000RPM
横型マシニングセンタ
(ツガミ)
8パレット
ワイヤカット放電加工機
(ファナック)
320 × 220 × 180
高品位輪郭制御


加工設備一覧


NC旋盤
(11)
6インチ 4台 (中村留)/複合2スピンドル,ロボット
8インチ 5台 (滝澤,大隈) /ロボット
10インチ 2台 (滝澤鉄)
マシニングセンタ
(5)
HSK63 5軸制御 (DMG)/18000rpm
BT40 横型 1台 (ツガミ)/8パレット
BT40 縦型 3台  (碌々産業,OKK)
BT30 3台 (ファナック)/24000rpm
 
平面研削盤 750 × 440 × 320 (岡本)
円筒研削盤 80 × 250 2台 (ツガミ)
240 × 500 (長岡技研) ねじ研削装置あり
ワイヤカット 320 × 220 × 180 (ファナック)
   
その他 汎用旋盤
NCフライス

検査,測定設備

20111027 真円度測定機
RONDCOM54DX3 (東京精密)
・CNC測定方式
・最大測定径φ300
・ワーク許容質量30s

・真円度測定の目的
加工機の性能が向上している昨今でもワークを加工機にセット(チャッキング)する時の歪みの影響やセンタ形状の影響があり、設計値通りにワークが加工されたかどうかは、真円度測定機で測定して初めて判ります。

粗さ測定器
SJ-400 (ミツトヨ)

縦型精密デジタル測長器
vertical 3_TVA300
バーチカル3(トリモス)

概要


創立 昭和35年11月28日 毛利鉄工所
会社設立 昭和48年11月28日 有限会社 毛利製作所
資本金 5,000,000円
代表取締役 毛利 豊
社員数 16(男性14,女性2)
敷地面積 400坪 (1320m2)
工場建坪 240坪 (792m2)
事業内容 NC旋盤・マシニングセンタ・円筒,平面研削盤・
ワイヤー放電加工機等の工作機械による複合的加工
CADデータからの三次元加工
所在地 〒940-0006 新潟県長岡市東高見1−1−7(北部工業導入団地内)
連絡先 TEL:0258-24-1054
FAX:0258-24-0429
取引銀行 日本政策金融公庫 新潟支店
第四銀行 神田支店
商工中金 長岡支店
日本政策金融公庫 長岡支店
北越銀行 長岡北支店
大光銀行 神田支店
所属団体 長岡鉄工業協同組合
長岡産業デザイン研究会
長岡鉄工業青年研究会
長岡産業活性化協会[NAZE]

沿革


昭和35年
(1960)

毛利鉄工所を長岡市袋町1丁目にて創業
工作機械、自動車部品製作
工場建坪
8坪

昭和45年
(1970)

袋町1丁目にて工場拡張 20坪

昭和48年
(1973)

有限会社毛利製作所設立  
昭和49年
(1974)
長岡市新組町1904番地に工場移転
業務拡張により自動車部品の増産達成
40坪
昭和55年
(1980)
新組町1904番地にて工場拡張 60坪
昭和61年
(1986)
北部長岡工業導入団地(東高見1−1−7)に工場移転 120坪
平成13年
(2001)
隣接地200坪取得  
平成16年
(2004)
同敷地内に新工場増築 合計240坪